Dragon Age: Origins エンチャントメント!

dragon_age_dwarven_merchant

ロザリングの出口でダークスポーンに襲われているエンチャントメントBoyとそのパパドワーフを助けて Warden キャンプに迎えるイベント。

ご存知、Sandal 少年はエンチャント技術は一級だけどちょっと抜けた子という異色キャラで、この手のRPG界ではあまり似たようなキャラがいないので、なかなかインパクトがあります。

 

ある意味ではかなり生々しいので、こういうキャラをゲームに登場させてお笑い要素として扱っていいのかと思いましたが、まあ外国のゲームだからセーフということで。

 

このサンダル少年とボダーン親子は Dragon Age 2 にも登場するのですが、2をプレイすると、彼らに対する見方がちょっと変わりました。

初めて Origins をプレイした時は、単なる風変わりなドワーフ親子くらいにしか思ってなかったのですが、2ではサンダルの不気味さに磨きがかかっていて、本当に味のあるキャラになりました。

 

明らかにサンダルが全滅させたと思われる血まみれのオーガとダークスポーンの死体の山に一人立っていて、駆けつけた Hawk に「どうやってやったんだ?」と聞かれると、ニヤリとして「Not Enchantment」と返事して去っていくサンダルの存在感はすでに主要キャラ並み。

Varric も一目置いてますからね 😀

 

ボダーンからサンダルが実の子ではないことを聞かされたときは驚きました。また、自分の死後にサンダルが一人でやっていけるかどうかを心配しているボダーンの親心にもちょっとしんみり。

でも、サンダル少年なら案外飄々と生き抜いていけるのではないかと思います。ダークスポーンも一人で Not Enchantment なやり方で Boom しちゃいますからね。

あの時も Hawk に助けられたと勝手に思い込んでるボダーンにお礼を言うように促されて、無理やり Thank you と言わされますが、あの悲しげな表情はなんとも言えませんでした(笑)

(開発されるなら)Dragon Age 3 にもこの親子が登場してくれること期待しています :)

 

The weather is so gorgeous. What shall we do today, son?

  1. ENCHANTMENT!
  2. ENCHANTMENT!
  3. ENCHANTMENT!
  4. Not enchantment…