Oblivion Mod『1st Alchemy Companion Julienne』最新版 (v7.0)

1st Alchemy Companion Julienne の最新版です。今時オブリビオンの mod に需要はないかもしれませんが、この mod を入れて久しぶりにオブリビオンを遊んでいると、色々と修正したい部分が目につきました。

もう大昔のことですが、自分で作った mod なので、問題点を修正して新要素を追加してみました。本当に今更ですが、今でもオブリビオンをプレイしている方がいれば、よかったら試してやってください。

概要

最新版では、コンパニオンをもう2名と旧バージョンに無かった新要素を追加しています。旧バージョンから引き継いでいるコンテンツについては、旧パッケージ内にあるマニュアルを読んでいただければいいのですが、多分読むのが面倒だと思われるので、必要事項をゲーム内マニュアルに全て書きました。

mod をインストールした時にキャラクターの所持品に追加されるマニュアル本『1st Alchemy Companion Julienne』を読んでいただければ、mod の全機能についてわかるようになっています。とりあえず、Quick Instruction だけ読んでいただければ、始められるようになっています。ただし、記述は全て英語なので、分かりにくい場合は同梱のクイックマニュアル (日本語) をご利用ください。

また、以下に mod の概要を記載しておりますが、同じ内容を readme にも記載しています。ダウンロードしてから詳細を確認される場合は、先にこちらからファイルをダウンロードして書庫内にある readme とクイックマニュアルを参照してください。

 

新要素①:トレーニング

ob_04_01

メリッサに戦闘トレーニングを依頼できるようになりました。威力が低い練習用の装備でメリッサと実際の戦闘を行うことによって、戦闘スキル (刀剣や防御など) を鍛えることができます。

Tacticsのトピックからトレーニングを選択して実行します。練習用武器と防具はトレーニング開始時に自動で追加・装備され、終了時に自動的に削除されます。トレーニングを終了したい時は、メリッサに話しかければ自動的に終了します。

なお、メリッサは他のNPCと同様、勝手に最強の武器を装備してしまうので、トレーニングの前にメリッサの所持品から武器を全部取り出しておいてください。また、通行人が模擬戦闘に巻き込まれないように、誰もいない砦などで行うことを推奨します。

新要素②:軍団結成機能

ob_04_02

あらゆるNPCを仲間にしたり、あらゆるNPCとアイテムを交換できるようになるスペルを追加しました。ジュリエンヌの店の二階にある箱の中にある『Battle Formation』という本を取ると、自動的にスペルを習得します。

新要素③:ゲーム内リファレンス

ob_04_03

全スキルトレーナーのロケーションと、黒魂石を作成する方法を記載した本を追加しました。この手の情報はWebで簡単に見つかりますが、毎度Webを検索するよりゲーム内で調べられるほうが便利だと思うので作成しました。ジュリエンヌの店の二階にある箱の中に入っています。

新要素④:難易度設定拡張

ob_04_04

難易度設定を拡張して、レベル制限と報酬支払を同時に選べるようにしました。従来は、コンパニオンを仲間にするための条件として、レベル制限を設けるか報酬を支払うかのいずれか一方しか選択できませんでした。最新版では、レベル制限を設けつつ報酬も支払わなくてはいけないという難易度を設けています。

新要素⑤:士気

ob_04_05

報酬を支払う設定の場合、コンパニオンの士気が上昇し、動きが良くなるようになりました。

新要素⑥:追加コンパニオン

ob_04_06

元からいるジュリエンヌ達とは別に、剣士のノワール (Noire) と 魔術師のアマランス (Amaranth) という2名のコンパニオンを追加しました。

ノワールは日中、帝都 (IC) 周辺をパトロールしていて、夜になると帝都エルフガーデン地区 (IC Elven Garden) のKing and Queen Tavernに帰ってきます。日中の行動半径を広く設定してあるので、夜にKing and Queen Tavernで捕まえるほうがよいでしょう (夜1時以降推奨)。

アマランスは日中、帝都商業地区 (IC Market District) の書店First Editionで時間を過ごしており、夜になると帝都タロス広場 (IC Talos Plaza) のTiber Septim Hotelに帰ってきます。

この新キャラクター達はジュリエンヌ達のような才能や特技を持っていない普通の冒険者であり、戦闘能力は平凡で初期装備は貧弱です。 このようなキャラクターを追加した理由は、天才集団である (という設定の) ジュリエンヌ達の存在が便利すぎて、ゲームが簡単になりすぎてしまうことに気付いたからでした。

もともとmodというものは、ユーザーが自分の不満を解消するために作成されることが多く、このmodも例外ではありません。ジュリエンヌ達には、私が10年前のプレイ中に感じたゲームへの不満を解消するための機能が盛り込まれています。しかし、10年経った今、もう一度オブリビオンの世界を初めから新鮮な気持ちで楽しもうと思ってプレイしていると、ジュリエンヌの錬金術サービスや、他のキャラクターの高い戦闘能力と強力な装備は、試行錯誤の楽しみを奪ってしまうのでした。

強敵に苦戦したり、アイテム不足や資金不足に悩んだり、中途半端な武器の使い道を模索したり、初めてプレイした時に楽しんだ「バニラ」なオブリビオンをもう一度楽しみたい、普通の従者と一緒に苦労しながら冒険したい、というコンセプトで、ノワール (Noire) とアマランス (Amaranth) を作成しました。

この二名は難易度設定のレベル制限や報酬支払の影響を受けないので、いつでも好きな時に無償で仲間にすることができます。ただし、能力も装備も平凡なので、強い装備を用意したり、こまめに回復してやる必要があります。もちろん、強くないだけであって、決して弱いわけではないので、装備さえ整えてやれば十分活躍することができます。

新要素⑦:新商店

ob_04_07

旧バージョンから存在するジュリエンヌの錬金術ショップとは別に、帝都の闘技場の入口付近に新しい商人を追加しました。新商人のアミリス (Amyris) の店に商品は無く、リスポーンによる在庫補充もありません。買取専門の商人です。

また、リスポーンが発生しないことにより、プレイヤーが売った品物がそのまま商品となって消えずに残るので、いつでも好きな時に買い戻しが可能です。シロディール版ボルタック商店というわけです。※ボルタック商店を知らない方は、気が向いたらWebで検索してみてください。だいたいどういうシロモノか分かってもらえると思います。

普段の冒険中、大量に手に入ってくるガラクタを商人に売ってゴールドに変えると思いますが、後で買い戻したくなったり、後で使うために一応キープしておきたいことがありますよね。そういう時のためのお店として実装しました。また、のちのち在庫が大量になりすぎて商品の閲覧に一苦労という事態にならないとも限らないので、好きな時に在庫を一掃できる機能も付けておきました。

こんな感じのなかなか便利な店なのですが、注意点もあります。ゲームバランスと他の商店の存在意義を考慮して、アミリスの商才スキルは達人レベル (Master) に設定してあります。容赦なくボッタクルのでご注意ください。また、在庫を一掃する際は、損害補填として5000ゴールド要求されます。ボルタック並みにアコギな店なので、上手に使ってやってください。

ちなみに、アミリスは前項で紹介したノワールやアマランスと同じく冒険者でもあります。好感度が一定以上になると、冒険に連れ出すことができます。また、プレイヤーに同行中、メリッサと同様の戦闘トレーニングを依頼できます。

新要素⑧:馬

ob_04_08

不死属性付きで水上歩行できる馬を2頭追加しました。この馬をプレイヤーの近くまで瞬間移動させる鍵も用意しています。チュートリアルの下水道から出てすぐの場所に置かれているRogue’s Sackの中に鍵が入っています。ややチートかもしれませんが、デフォルトの馬は戦闘に巻き込まれてすぐ死んでしまうので、これくらいは許容範囲ですよね? 水上歩行はおまけです。

改良①:校正

旧バージョン作成時に協力してくださったネイティブの方のおかげで、既存キャラクターのセリフは校正済みでしたが、本や巻物などのテキストは未校正のままでした。今読んでみると、10年前に書いた英語はひどいもので、意味が分かりにくいものもあったので、本や巻物の英文を全て自分で校正しました。現在の英語力も十分ではありませんが、少しはマシになったかと思います。

改良②:テレポート鍵

ob_04_09

旧バージョンでは、コンパニオンをテレポートさせるクリスタルを実装していましたが、同じ効果の鍵を追加しました。クリスタルでも良かったのですが、Miscカテゴリに属しているため、Miscカテゴリのアイテムを売却中に誤って売ってしまうのがネックでした。鍵にしたので、もうそういう心配はありません。

オマケ①:タマネギ強化+α

modが入っていないオリジナルのオブリビオンにも、デフォルトで従者 (熱狂的なファン、闇の一党の新人、大学の見習い) が存在しますが、弱すぎてすぐに死んでしまいます。

全く役に立たないので誰も仲間として使っていないと思うのですが、彼らを強化したら面白いのではないかと思い立ち、レベル・スキル・装備をCSで調整してそこそこ使えるくらいにしました。装備も適当に強化しておきましたが、自分で装備を与えたい場合は、新要素②で述べた『Battle Formation』という本で習得できるアイテム交換スペルを使用してください。

これは別ファイルにしましたので、導入するかどうかは任意です。導入する場合は、メインのespと一緒に Oblivion Follower Fix.esp も有効化してください。

オマケ②:魂石の容量拡大+α

ob_04_10

デフォルトの魂石の容量が少なすぎると思うので、容量を約5倍にする mod を用意しました。エネルギーが5倍長持ちするようになります。また、付呪の際に制限がかかる最大効果値の上限を約20%ほど上げました。わずかではありますが、少しだけ威力が高い魔法武器を作れるようになります。

ただし、ゲームバランスを考慮して、魂石の値段を5倍に設定してあります。ダンジョンなどで発見した場合はお得ですが、店で購入する場合は通常の5倍の代金を支払う必要があります。

これは別ファイルにしましたので、導入するかどうかは任意です。導入する場合は、メインの esp と一緒に Larger Soul Gems.esp も有効化してください。

オマケ③:スキル成長率の調整

デフォルトでは普通にプレイしていると特定のスキルばかり伸びて一部のスキルが全く伸びないので、成長率を変更する mod を用意しました。特定のスキルを上昇させるために同じ行動を何度も繰り返すことをしなくてもよくなります。具体的には以下の設定になっています。

・破壊魔法と回復魔法は幻惑魔法や神秘魔法と同じスピードで成長します。
→魔法系の仲間ということで統一

・弓術は1ヒットあたり刀剣の4倍の経験値を獲得します。
→弓を引き狙いをつけて矢を放つ一連の動作の間に最低4回は剣を振るえると思うので

・開錠は話術と同じスピードで成長します。
→ミニゲーム系の仲間ということで統一

・軽業は単純にオリジナルの3倍のスピードで成長します。
→普通にプレイしているとわざわざ高所から何度も身投げしないといけないので

・鍛冶の成長率を2倍にし、錬金術を鍛冶と同等の成長率まで低下させます。
→クラフト系の仲間ということで統一

これは別ファイルにしましたので、導入するかどうかは任意です。導入する場合は、メインの esp と一緒に Skill Advancement Fix.esp も有効化してください。

このmodは獲得経験値量のみに変更を加えるもので、レベルシステム自体には手を加えていないので、『Kobu’s Character Advancement System』や『Smarter Mercantile Leveling』 と同時に使用できます。今のところ私個人のプレイにおいては問題は発生していませんが、同時使用する際は、念のためこのmodのロード順を上記の mod より後にしてください。

オマケ④:トレーニング回数(ほぼ)無制限

ob_04_11

デフォルトでは1レベルにつき5回までしかスキルトレーニングを受けられないので、機会が勿体ないからという理由で、ついつい不要なスキル訓練まで受けてしまいがちです。そういう不便を解消する目的で、1レベルにつき2000回まで訓練が受けられる mod を用意しました。好きな時に好きなだけ訓練してもらえるようになります。

ただし、ゲームバランスを考慮して、訓練代金は5倍に設定してあります。例えば、通常なら200Gで済むところを1000G払わないといけません。

これは別ファイルにしましたので、導入するかどうかは任意です。導入する場合は、メインの esp と一緒に Patient Tutors.esp も有効化してください。

オマケ⑤:ファストトラベル無効 (要注意!)

ob_04_12

ファストトラベルを無効にする mod も用意しました。これを導入すると、徒歩か馬でしかどこにも行けなくなります。当然、移動を計画的に行わなくてはならなくなるでしょう。

普通に考えると、不便が押し付けられるだけの無意味なmodかもしれませんが、無制限にファストトラベルできると、どうしても一番便利な場所 (帝都商業地区など) にばかりにしか行かなくなってしまいますよね。何度ニューゲームからやり直しても、いつも同じ場所ばかりに行って、広い世界の一部のエリアにしか行かないのはもったいないので、強制的にファストトラベルできないようにしました。

もちろん、デメリットの強制のみではなく、ちょっとしたメリットも用意してあります。ファストトラベルができない代わりに、スタミナとマジカの回復速度が50%上昇します。これは、新鮮な空気と野草の芳香を吸いながら適度な運動をすることによって脳と体が活性化しているんだ、とでも解釈してください。

これは別ファイルにしましたので、導入するかどうかは任意です。導入する場合は、メインの esp と一緒に Not Very Fast Travel.esp も有効化してください。

【注意!】
この mod をインストールして訪れた場所からは、永久的にファストトラベルできなくなります。その設定はこの mod をアンインストールしても残ります。一度でもこの mod を入れた状態で訪れた場所では二度とファストトラベルできません。この mod を導入する場合は、2度とファストトラベルするつもりがない、新しいセーブデータで始めていただくことを強く推奨します。

オマケ⑥:宿泊ボーナス

ob_04_13

オブリビオンの世界には現実世界ようにホテルや宿屋が存在し、中にはかなり雰囲気の良いホテルもありますが、待機すれば無料で回復できるのにわざわざ宿泊することはほとんどありません。この残念な仕様を修正するmodを用意しました。

この mod をインストールすると、ベッドで一定時間以上休んだ場合、起きてからしばらくの間、体力の自動回復能力 (リジェネ効果) を獲得し、マジカ・スタミナの自動回復量が上昇します。

これは別ファイルにしましたので、導入するかどうかは任意です。導入する場合は、メインのespと一緒に Necessary Luxury.esp も有効化してください。

オマケ⑦:各種犯罪への厳罰化

ob_04_14

1000ゴールド払えば殺人ですら許される社会なんていけませんよね。ということで、シロディール法を厳罰化する mod を用意しました。具体的には、以下の罰金体系となります。

・傷害  :10,000 (攻撃1回につき400加算)
・脱獄  :5,000
・殺人  :100,000
・スリ  :2,500
・馬泥棒 :5,000
・不法侵入:2,500

さらに、罰金を払わずに賞金がかかっている状態で逃走中は、犯罪者として忌み嫌われます。具体的には、魅力、商才、話術が0まで低下します。その代わり、善良な市民である間は、魅力、商才、話術に多少のボーナスが得られます。

これは別ファイルにしましたので、導入するかどうかは任意です。導入する場合は、メインの esp と一緒に Crimes and Punishments.esp も有効化してください。

ダウンロード

こちらのページからダウンロードしてください。アクセスして2~3秒するとページ中央に表示される「ダウンロード」というラベルの青いボタンをクリックしてください。ダウンロードのために Dropbox のアカウントを作る必要はありません。登録フォームウィンドウを閉じればダウンロードボタンが表示されています。

インストール

まず、旧バージョンをご利用の場合は、先にアンインストールし、関連ファイルを削除しておいてください。この最新版のアーカイブには、旧バージョンのパッケージも一応そのまま残してありますが、解凍もインストールも不要です。

下記のファイルとフォルダを [Oblivion/Data] フォルダにコピーして、espファイルを有効化してください。

<必須>
・1stAlchemistCompanionGirl.esp
・meshes
・textures
・sound

<任意>
・Oblivion Follower Fix.esp
・Larger Soul Gems.esp
・Skill Advancement Fix.esp
・Patient Tutors.esp
・Not Very Fast Travel.esp
・Necessary Luxury.esp
・Crimes and Punishments.esp

※Not Very Fast Travel.esp の導入には細心の注意をお願いします!まだ詳細説明に目を通していない場合は絶対に使用しないでください。

初回起動時における注意事項

このmodは初回起動時にオプションのセットアップメニューを自動で表示しますが、その機能が他の mod の自動セットアップメニュー機能と競合します。『Smarter Mercantile Leveling』や『Kobus Character Advancement System』が自動セットアップメニュー付の代表的なmodです。

もちろん、こういったmodと同時に使用すること自体に全く問題はありませんが、同時に初回起動を迎えてセットアップメニュー同士が競合しないように注意してください。先にこのmodをインストールして自動セットアップメニューでの初期設定を終えてから他のmodをインストール・セットアップするか、その逆を行ってください。この mod だけ単独でインストールと初期設定を行っていただくのが理想的です。初回起動のセットアップさえ無事に終われば、以降、注意を要する点はありません。

セットアップ中のトラブルでオプション設定に問題が発生した時は、初めの下水道の入口に置いてある Rogue’s Sack という袋の中にある再設定用のクリスタルを使用して再セットアップしてください。クリスタルを取り出してインベントリを閉じ、しばらくすれば (2秒~5秒くらい) 、自動的にセットアップメニューが表示されます。クリックしたりする必要はありません。複数の項目を再設定する場合は、念のため1つずつ取り出していただくほうがよいと思います。

必要ファイル・競合

別途用意していただくファイルはありません。必要なものはすべて前々項で挙げたフォルダに入っています。また、現在のところ、競合はないと思います。ひょっとするとコロールのセルに変更を加えている mod とは競合があるかもしれませんが、多分大丈夫でしょう。

日本語化について

約10年前、有志のご厚意でこの mod の日本語化パッチを作成・公開していただきましたが、それが問題なく適用できるのは、おそらく Version 6.4 以前のものだと思われます。

この最新版では、新要素を多数追加したり旧テキストの校正を行ったので、新たに翻訳を要するコンテンツ (新キャラクターのセリフ・新書籍) が増えています。そのため、日本語化パッチを適用しても、一部英語のままになったり、原文と異なる表示が出ると思います。

日本人が作った mod に日本語化パッチを当てるというのもおかしな話だと思われるかもしれませんが、私自身が初めから日本語で開発するか日本語化パッチを作成すればいいという問題でもないのです。

もともと PC 用の Oblivion には日本語版が存在せず、日本語でプレイしたり日本語化パッチを作成するためには、ユーザーメイドの特殊な環境が必要でした。日本語環境をインストールすることによって発生する問題も多少存在するため、現在でも私のシステムには Oblivion を日本語でプレイ (mod開発) するための環境がインストールされていません。

こういう事情ですので、一部適用外ではありますが、過去に有志の方が作ってくださったパッチを使用していただくか、英語のまま使用していただくということで、ご理解いただけると幸いです。

FAQ (よくある質問)

1) Mystina が Black Soul Gem を受け取らない
andraste.info/blog/?p=2031 の記事を参照願います

2) 隠しコンパニオンが見つからない
andraste.info/blog/?p=2031 の記事を参照願います

利用規約

下記の許諾と免責に同意していただいた上でご利用ください。
ご利用になった場合は、許諾と免責に同意していただいたものとします。

許諾

1. version 6.4 (旧バージョン) 以前のコンテンツは改変・再配布していただいて構いません
2. version 6.4 (旧バージョン) 以前のコンテンツを利用して新しいmodを作っていただいても構いません
3. 私的利用の場合は、自己責任で最新版 (version 7.0) を改変していただいて構いません
4. 改変の有無にかかわらず、最新版 (version 7.0) の再配布はご遠慮いただけると幸いです
5. 改変・再配布・コンテンツ利用される場合は、readme のクレジット欄の記載を必ず添付してください。

最新版はまだ試験段階であり、mod の主要部分に変更を加えてあるので、予期しない問題が発生しないとも限りません。念のため、再配布はご遠慮ください。ご理解いただけると幸いです。

免責

modの安全性には注意しておりますが、安全性を保証できるものではありません。セーブデータのバックアップを行ったうえで、自己責任でご利用ください。このmodをご利用になったことで如何なる事態や損害が発生したとしても当方に責任は無いものとします。

クレジット

【Version 7.0】
Bethesda Softworks:TES IV: Oblivion, TES Construction Set
下記の皆さん:Version 6.4 のコンテンツ作成にご協力ありがとうございました
Amaranthine (Quistena・Pela・PaleOrchid):作者です (私)

【Version 6.4】
Bethesda Softworks:TES IV: Oblivion, TES Construction Set
Electrovoiceさん:校正・アイデア・英語指導
Greenwardenさん:校正・アイデア・英語指導
Acidoangelさん:Cute Elves
Babeさん:Babe Hair
Namiさん & I_Raimさん:爆薬用のボトル
Ozmoさん:Indigo Armor
Petrovichさん:UFF Black Courtesan Dress
Renさん:Ren Beauty Pack
The NifSkope Team:The Nifskope
あまねさん:テスト・バグレポート・アイデア
Guabaman58さん:テスト・バグレポート・アイデア
Jackal32さん:テスト・バグレポート・アイデア
Jhorrie65さん:テスト・バグレポート・アイデア
Junaさん:テスト・バグレポート・アイデア
LoRd KoRnさん:英語指導
PunisherX100さん:アイデア
Mbvさん:アイデア
煉瓦さん:バグレポート
Rpsnowさん:英語指導
Praecoxさん:競合レポート
Sabya123さん:サポート
Sheppard (Treil829)さん:サポート
ShinraSoldiers3さん:アイデア
Sir_Thomasさん:サポート
Usprivateerさん:サポート
XENさん:英語指導
Amaranthine (Quistena・Pela・PaleOrchid):作者です (私)

あとがき

当時 (約10年前) この mod の制作に協力してくださった方、Oblivion というゲームを通して仲良くしてくださった方、ありがとうございました。また、急にコミュニティから姿を消すことになってしまい、申し訳ありませんでした。

他の記事でも触れましたが、当時リアル・ネットでの不可解なトラブルに巻き込まれ、さらにPCの故障が重なり、みなさんと連絡を取ることすらできない状況に陥っておりました。

ここを読まれることはないかもしれませんが、みなさんの前から姿を消すことは私の本意ではなく、やむをえない事情であったことをこの場を借りてお伝えさせていただき、当時開発の断念を余儀なくされ、中途半端な状態で放置せざるを得なかった mod の一応の完成をここにお伝えする次第です。

 

Post a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。