Home » アトリエ » 新・ロロナのアトリエ 装備の強化も大事だね

新・ロロナのアトリエ 装備の強化も大事だね

rorona_06_01

王国依頼や採取に時間を取られて、装備品の強化に時間を回せなかったのですが、ついに歯が立たなくなりました。ちょっと強い敵が出るとアウトです。

そのうち戦闘で苦労することになるのは予想していたのですが、王宮依頼のご褒美をもらうことに熱中して、装備品や回復薬などの準備を怠っていました。

私の段取りが悪いだけなのでしょうが、とにかく時間が足りないので、足早に進んできたのが命取りになりました。それもこれも全部、あの意地悪な大臣のせいです。

それで、せっかく装備を作るのなら、現在作成できる中で最強の素材を使って、特性も目一杯付けてやることにしました。

どの特性を付けようか迷いましたが、攻撃力を増加させるような単純なものより、毎回クリティカルになる「特攻」のほうが役立ちそうな気がしたので、こんな感じにしてみました。

rorona_06_02

システム的なことはよくわかりませんが、どんなゲームでもだいたい、クリティカル(会心の一撃)というのは、通常攻撃の2倍とか1.5倍という風に設定されていることが多く、この新ロロナのアトリエでも同じだと思います。

攻撃力+の特性はいつまでも決まった値を加算するだけですが、クリティカルのダメージはキャラクターの成長に伴う通常ダメージ増強によって上昇するはずなので、長期的にはこちらのほうがお得だと思いました。

 

さて、念のため、今回の特性の継承についてメモしておきますと、以下のようになります。

まず、今回の武器調合ではシルヴァタイトのインゴットを2個しようすることになったのですが、片方に○○特攻2種類、もう一方に○○特攻3種類を付ければ、完成時に上図のような形で特攻特性を5種類付与できます。

今後、同じような武器を調合する可能性も考えて、特性は一旦中和剤に移動させてストックしておくことにします。中和剤の主材料は何でも良いのですが、今回はティファナさんの雑貨屋で販売されている高品質の水にしました。

○○特性の付いた材料とコストレベル+1が付いた材料を用意して、前述の水と合わせて中和剤に調合します。比率は適当でよいのですが、私は以下のようにしています。

  • 材料A(特攻特性)×1
  • 材料B(コストレベル)×1
  • 水×8

これで特攻特性付きの中和剤が得られます。コストレベルの特性は特攻特性に必要なコスト補強するためだけのものです。

上記を5種類分行い、それぞれの特攻特性を持った中和剤を用意します。

次に、この中和剤を材料にして5種類分ピュアオイルを調合します。つまり、A特攻、B特攻、C特攻、D特攻、E特攻の特性が付いたピュアオイルを1個ずつ調合します。

 

そして、シルヴァタイトの調合に移ります。

まず、1種類目のシルヴァタイト2個作成します。これは違う種類のピュアオイルを2個混ぜるために2個にしています。完成する数に意味はありません。つまり、以下のようにします。

  • 鋼鉄鉱×4
  • ピュアオイル×2 = ピュアオイル(A特攻)+ピュアオイル(B特攻)

次に、2種類目のシルヴァタイトを3個作成します。同じ要領で以下のようになります。

  • 鋼鉄鉱×6
  • ピュアオイル×3 = ピュアオイル(C特攻)+同(D特攻)+同(E特攻)

これで材料は完成です。

後は、ハゲルさんにこの2つのシルヴァタイトから武器調合してもらえば、5種類の特性が付いた武器の完成です。

もちろん、他の特性でも要領は同じです。

rorona_06_03

次に、回復アイテムのほうは、ヒーリングベルが非常に高性能かつコストパフォーマンスが高いという印象を受けます。一度使用すると、使用回数がなくなるまで毎ターン自動で回復してくれます。

しかも、回復量が高めなので、ボス戦に備えて一定数携行することにしました。ただ、戦闘中以外では使用できないので、通常の回復薬(ヒーリングサルヴ)もお役御免というわけにはいきません。

非戦闘時の回復薬(戦闘後の回復用)としてヒーリングサルヴはやはり手放せません。

本当は防具の調合のほうも色々やってみたかったのですが、回を追うごとに王国依頼の内容がハードになってきているので、時間が足りなくて実行できませんでした。 :(

rorona_06_04

余談ですが、ロロナちゃんがかなり強くなってしまって、武闘大会ではステルクさんを完膚なきまでに叩きのめしました。 :D




Web Counter (The Whole Website)

Visits
Pageviews
Online Users