ゲームの流れ

エリーのアトリエ 攻略 > ゲームの流れ

時間との戦い

エリーのアトリエはのんびりプレイしたいタイプのゲームですが、実は時間の制約がシビアなので、効率的に進めないといけません。

基本的に4年間というゲーム内時間でエンディングを迎えてしまうため、時間を無駄にすると何も出来ないまま終わってしまいます。また、多数のイベントが同時に発生し、発生のタイミングが複雑なので、工房にこもりっきりで調合しているとタイミングを逃してしまいます。

何事も出たついでに

一度工房を出てしまうと、何もせず戻ったとしても1日経過してしまいます。外へ出た場合はとりあえず街の中を巡って色々な人と会話しておきましょう。

まず、酒場で聴ける噂話はお金をケチらずキッチリ聞いておきます。酒場の噂で行動範囲が広がることが多いので、早めチェック。

一度工房を出てしまうと、何もせず戻ったとしても1日経過してしまいます。外へ出た場合はとりあえず街の中を巡って色々な人と会話しておきましょう。仲間に出来るキャラクターは何度か話しかけておかないと雇えない場合が多いため、登場したらとりあえずお話して仲良くなっておきます。

お金に余裕が出来たら、その都度、参考書や器材を早めに買い足していきましょう。ゲームが進めば、お金はいくらでも融通が利くようになります。

図書室が使えるようになると、一気に読める参考書が増えますが、エリーの知識習得の進捗によって読めるものが変わってくるので、必ずアカデミーの図書室に寄って本棚を漁っておきましょう。

街に出たら一通り回っておくことを徹底しておけば、重要なイベントを見逃してしまうことを避けられます。

素材の採取は時期を見極めて

季節によって拾えるアイテム数が異なっていたり、エリー本人が出向かないと見つけられない貴重品があります。そのため、日数のかかる採取地へ本人が出向くときは事前にスケジュールを考えておきます。終盤なら冒険者レベルを上げることを兼ねて、強いモンスターが出る地域へ出向くの方が効率がいいでしょう。

いろんな人と「お話」

酒場の噂話は新しい採取地を知るための基本的な手段です。お金をケチらずに聞いておきましょう。また、世間話で採取地に関する情報が得られる場合もあります。イベント発生は確率や日数経過によって管理されていることが多いため、とりあえず色々な人物に話しかけておくと、その日はダメでも、いずれ情報を得ることができます。

基本アイテムは作り置き

基本アイテム、各種中和剤、クーゲルから依頼されるアイテムは常時一定数用意しておきましょう。妖精さんを雇ってからは、基本的なアイテムを常時作らせておくといいでしょう。

中和剤(赤)と研磨剤は使用頻度が多い割りに作成日数がかかるため、常に妖精さんに作らせておくと、必要になった時に対応しやすいでしょう。

他には、ガラスの素、蒸留水、燃える砂、ロウです。上記4種類は材料が切れやすいため、採取と調合を2人の妖精さんにそれぞれ担当させ、作り続けてもらうのも賢いやり方です。

割に合わない仕事は引き受けなくていい

貴重なアイテムは高額で取引できますが、うっかり渡してしまうと取り返しがつかないことになる場合もあるので、少々残念がられても手放さない方がいい場合があります。また、作成日数がかかる依頼も、得られる報酬に対してコストが大きいので無理は禁物。

貴重な素材は逃さず、手放さず

貴重なアイテムは高レベルアイテムの素材になったりすることが少なくありません。採取し忘れないように気をつけましょう。特に、ドンケルハイトは年に1度6月18日のみ採取可能であるため、これだけは絶対に忘れず採取しておきましょう。

敵を倒すことで手に入るアイテムにも貴重なものがあります。ドナーンのドナーンの舌とぷにぷにのぷにぷに玉は必ず入手しておきましょう。


サイト内検索