マイナスアビリティ 発動条件と効果

チャンピオンジョッキー 攻略 > マイナスアビリティ 発動条件と効果

一般

かかり癖

効果:かかり状態になり勝手に加速し始める

馬が気分良く走れるスピードより遅く走ると発動します。コーナーでは軽くハミレベル上げてスピードを微調整して回避します。

気抜き癖

効果:スピードダウン

ゴール前で先頭に立っている状態で、2番手と一定以上の差が開いている時に発動します。

仕掛けを遅らせるなどして、ある程度2番手以下を引き付ける展開に持ち込んで発動を回避します。

ささり癖

効果:ムチと反対側にヨレる

スタミナ、ポテンシャルが無い状態でムチを入れると発動します。

ポテンシャルが尽きて減速する時に発動するアビリティなので、他馬の進路を妨害する危険性があります。

「ささり癖」のある馬のポテンシャルが尽きた後は、内ラチに張り付いた状態で外ムチを使うか、追い見せムチを使うなどの工夫が必要です。

出遅れ癖

効果:大きく出遅れる

スタートのタイミングが理想から一定以上ずれると発動します。

実力が拮抗しているレースで出遅れるとほぼ勝ち目が無いので、なんとしても発動を避けたいアビリティです。

ハイペース×

効果:ポテンシャル減

ハイペースで走ると発動します。

レースがハイペースになってしまうと発動を回避できないので、ポテンシャルが減った分、仕掛けを遅らせるなどして対応するしかありません。

スローペース×

効果:ポテンシャル減

スローペースで走ると発動します。

レースがスローペースになってしまうと発動を回避できないので、ポテンシャルが減った分、仕掛けを遅らせるなどして対応するしかありません。

左回り× 右回り×

効果:スピードダウン

手前替えのタイミングが遅れると発動します。

難しいですが、ベストタイミングの手前替えを心がけて発動を回避します。

馬混み苦手

効果:ポテンシャル減

馬混みの中に一定時間いると発動します。

馬群の外側を走るなどして発動を回避します。外を回るデメリットが少ないチャンピオンジョッキーではそれほど気になるマイナスアビリティではありません。

砂かぶり×

効果:ポテンシャル減

ダートレースで前の馬が蹴り上げる砂を一定時間浴び続けると発動します。

馬群の外側を走るなどして発動を回避します。外を回るデメリットが少ないチャンピオンジョッキーではそれほど気になるマイナスアビリティではありません。

後続×

効果:ポテンシャル減

騎乗馬の直後を一定時間追走されると発動します。

一定以上差をつけて走るか、馬群の外側を走ることによって発動を回避します。

荒れ馬場×

効果:ポテンシャル減

コースの荒れた部分を一定時間走行すると発動します。

馬場の状態によってはかなり外を回ることになりますが、馬場の良いところを通るように心がけて発動を回避します。外を回るデメリットが少ないチャンピオンジョッキーではそれほど気になるマイナスアビリティではありません。

接戦×

効果:スピードダウン

ゴール前で他馬と競り合っている時に発動します。

接戦になってしまうと発動を回避できず、発動するとほぼ確実に負けてしまうので、このアビリティがあると、実力が拮抗するレースでの活躍が難しくなります。

繊細な体

効果:接触の悪影響が大きくなる

他馬と接触することで発動します。

このマイナスアビリティが無くても接触を避けて騎乗するのが最善なので、基本的には普段どおり騎乗すればいいでしょう。

障害

各障害苦手

効果:その障害のジャンプタイミングがシビアになる

その障害を飛越する時に発動します。

着地× 飛越×

効果:着地 飛越のタイミングがシビアになる

連続で着地、飛越に失敗すると発動します。


サイト内検索