#17 エルフ異民族区


エルフ異民族区(Elven Alienage)

諸侯会議に備えて、ロゲインに不利な情報を得るためにエルフ地区へ赴く。主な目的は奴隷売買の証拠を掴むことだが、これまでに請けたサイドクエストのタスクや新たなサイドクエストを先に片付けておきたい。

潤滑油を注す(Grease the Wheels)

ブラックストーンギルドから請けたクエスト。エルフ地区へ入って橋を渡ってすぐのところにいる、フードを被った密使(Hooded Courier)に謝意を伝えよう。

他の密使全員に既に伝えている場合は、これが最後の1人になるはずだが、まだ伝えていない場合は他の密使にも謝意を伝えよう。フードを被った密使(Hooded Courier)の居場所は以下。全てデネリム内である。

  • デネリム市場 ウェイドの鍛冶屋の東
  • 娼館パール(The Pearl)
  • 暗がりの路地 (Dark Alley)
  • 荒れ果てた裏通り(Rundown Back Street)
  • エルフ地区 入り口付近(この密使)

最終手段(Scraping the Barrel)

ブラックストーンギルドから請けたクエスト。前項のフードを被った密使(Hooded Courier)のすぐ近くに ヴァレル・バーン(Varel Baern)がいる。ロザリングで請けた依頼をようやくここで完遂させることができる。

飢えた退役兵(Starved Veteran)

クエストではないが、路上にいる腹をすかせた退役兵(?)が気の毒だと思えば、幾許かのお金を恵んでやるのも悪くない。ただ、結末は芳しくない。彼らの行動を憎むか、彼らの生活を追い詰めた政治と差別を憎むかはプレイヤー次第。

力の聖域(Places of Power)

メイジギルドから請けたクエスト。エルフ地区中央の大木に、力の湧き出る場所(Mystical Site of Power)がある。忘れずに魔法陣を置いていこう。このチャート通りに進めて来た場合、これで全ての魔方陣をおいたことになるはず。

邪悪なもの(Something Wicked)

北東にいる盲目の騎士オットー(Ser Otto)から、エルフ地区で起きている事件に関する不審な事柄を調べて報告してほしいと依頼される。具体的には、以下を調べて報告する

  • 気の触れた物乞い(Deranged Begger)
  • 野犬(Feral Dog)
  • 血だまり(Pool of Blood)

事態を把握した騎士オットーと共に孤児院(Orphanage)を探索する。なお、このクエストは騎士オットーが倒れないように注意しながら進める必要がある。入り口でのセーブ保存を推奨。

クエストの目的地になっている部屋で初めの悪魔(Demon)と対決。敵の数が多いので、オットーが殺されないように注意しよう。敵の動きを止めるスペルやタレントを活用すると戦闘が楽になる。

戦闘勝利後、オットーが奥の探索を促す。次の目的地へ向おう。

次の目的地でボスの悪魔との対決となる。戦闘終了後、室内にある宝箱から使い込んだアミュレット(Worn Amulet)を取っておこう。

声に悩まされて(Hearing Voices)

気の触れた物乞い(Deranged Begger)に孤児院で手に入れたアミュレットを返してあげよう。

異民族区での暴動(Unrest in the Alienage)

今回エルフ地区に来た本来の目的になるメインクエスト。

隔離所の前で暴動を起こしているエルフに近づくとイベントが開始する。声高に疑惑を呼びかける赤髪のエルフの女性(Shianni)から事情を聞くと、最近エルフ地区では疫病が流行しており、隔離所に何人かが収容されているが、中には健康なエルフも含まれているという。事態を調査しよう。

隔離所には正面から強引に入ることもできるが、裏口から潜入することもできる。裏口から入る場合は、見張りを殺すか、買収することになる。

中では兵士と戦闘になる。戦闘終了後、室内の机の上にある鍵とメモを手に入れる。それを持ってシアニ(Shianni)に事態を報告。その後、隔離所の裏にあるアパートへ潜入する。

アパート内の北の部屋にある宝箱の中のファジルの六分儀(Free Sailor Sextant)は、デネリムの教会掲示板で奪還を依頼されたクエストアイテム。忘れずに回収しておこう。

アパートを抜けた先の倉庫(warehouse)に入り、護衛のエルフを殺すか説得して奴隷売買の黒幕の元へ進む。

ブラッドメイジ・カラドリアス(Caladrius)と取引できるが、気が咎めるなら戦って倒してもよい。提示された金額は説得でただにすることもできる。戦った場合は、戦闘勝利後に瀕死のカラドリアスともう一度取引のチャンスがある。こちらは邪悪な内容のため、決断は慎重に。

カラドリアスの処遇を決めた後、イーモン伯に報告する。

デネリム市街

エルフ地区での騒動をイーモン伯に報告すると諸侯会議が招集され、主人公とアリスターの出席を促される。このまま諸侯会議に出席することができるが、その前に、これまでサイドクエストの完了と、新しいサイドクエストの受注をこなしておきたい。

教会掲示板クエストの完了報告

行方不明兵(Missing in Action)、ファジルの依頼(Fazzil's Sextant)の完了を報告しよう。

メイジギルドクエストの完了報告

力の聖域(Places of Power)の完了を報告しよう。

ブラックストーンギルドクエストの完了報告

最終手段(Scraping the Barrel)、潤滑油を注す(Grease the Wheels)の完了を報告しよう。

拷問を受けた貴族(Tortured Noble)

ハウ伯の地下牢から救出した貴族の若者の父シガード男爵(Bann Sighard)が悩める貴族亭(Gnawed Noble Tavern)にいる。報酬として、金銭か、諸侯会議(Landsmeet)での加勢を要求できる。

自失したテンプル騎士(Lost Templar)

ハウ伯の地下牢で救出したテンプル騎士アーミンリック(Irminric)の妹アルフスタナ爵(Bann Alfstanna)が悩める貴族亭(Gnawed Noble Tavern)にいる。言付かった指輪を届けよう。

下剋上(A Change in Leadership)

ここまで全てのブラックストーンギルドクエストを完了していれば、ギルドマスターの息子タオラン(Taoran)からの依頼が追加される。世代交代のために、ギルドマスターである父レルノア(Raelnor)を殺してほしいとの内容。

デネリム市街の西の路地にいるレルノアを依頼通りに殺すか、レルノアの話を聞くかを選択する。倒した場合は、そこでクエストが完了する。

逆に、レルノアの話に理を見出したなら、息子のタオランを討つことになる。その場合、タオランとはワールドマップ移動中に遭遇することになる。戦闘で倒すか、脅迫するかを選択する。

ギルドの防衛(Defending the Collective)

ここまでの全てのメイジギルドクエストを完了していれば、最後のクエストとして、ギルドを守る(Defending the Collective)が追加される。

内容としては、教会に目を付けられたギルドを救うため、レッドクリフのテンプル騎士団長ハリス(Knight-Commander Harrith)に証拠を届けて協力を仰ぐ。

このクエストの発生と同時に、ギルドへの反逆(Defying the Collective)のクエストが自動的に追加される。こちらは、ギルドの告発に熱心なテンプル騎士団長タヴィッシュ(Knight-Commander Tavish)に証拠を届ける。

当然ながら、上記の内片方のみが選択可能。防衛した場合のみ報酬を受け取ることができる。

犯罪増加(Crime Wave)

スリムクドリー(Slim Couldry)から新しい"仕事"を受けられるようになっている。

公爵の兜を盗む(Steal the teyrn's crown)
標的:ロゲインの執事(Loghain's Senechal)
場所:悩める貴族亭(Gnawed Noble Tavern)
金品:ロゲイン公爵の冠(Teyrn Loghain's Crown)
秘蔵の品(The Private Collection)
標的:フランデレル男爵(Bann Franderel)
場所:西丘男爵の邸(Bann of West Hill's Estate)
金品:男爵の秘蔵の品
備考:宝物庫に財宝はなく、警備兵の包囲を突破する破目に
事後:情報料は返金される

サイト内検索