ウルドラゴン


ウルドラゴン

エヴァーフォール 慟哭の間にいる最強のドラゴン。

2周目以降はカサディスの浜辺に、慟哭の間へ直通するリム(石碑)が設置され、いつでも、何度でも、心行くまでちょっと面倒くさくて、けっこう時間がかかって、かなり疲れるウルドラゴン戦を楽しむことができるようになっています。

概要

討伐の報酬

ウルドラゴンはいわゆる"裏ボス"のような存在であり、ウルドラゴンを倒すと、最強クラスの武器が報酬として手に入ります。手に入る武器は全て聖属性の魔法効果を持っており、2周目以降の序盤〜中盤はもちろん、聖属性を弱点とする強敵がひしめくゲーム終盤で活躍することでしょう。

特筆すべき点は、オンラインかオフラインかというゲームプレイの接続状態によって、戦闘システムやウルドラゴンの強さが異なることです。それぞれの特徴は以下のようになっています。

オンラインのウルドラゴン

オンライン状態でのウルドラゴン戦は、少々変わった趣向のシステムになっており、オンライン状態でプレイしている世界中のプレイヤーと共闘して倒すというものです。実際に他のプレイヤーが画面に表示されるわけではありませんが、全プレイヤーがそれぞれのゲームプレイで与えるダメージの総計が1体のウルドラゴンに与えられる総ダメージになります。

簡単に説明しますと、それぞれのプレイヤーが自分のゲーム画面でウルドラゴンと自由に戦っていますが、実際には、とてつもない体力を持った1体のウルドラゴンの体力を全員で減らしているというシステムです。

ウルドラゴンが倒れた時に、戦闘での貢献度(与えた合計ダメージ量の大小)に応じて報酬が決まります。当然、より多くのダメージを与えたプレイヤーの方が良い報酬を与えられます。また、止めを刺したプレイヤーには特別の報酬が与えられます。

オンラインでの討伐方法の一例はオンラインのウルドラゴン討伐方法を参照してください。

オフラインのウルドラゴン

一方、オフラインのウルドラゴンは、通常のボス戦と同じ扱いとなり、オンライン状態に比べて、体力が非常に低く設定されています。あくまで、「オンライン状態と比べて」ということであり、オフラインであっても、ドラゴンズドグマに登場するモンスターの中で最高の体力を誇ります。

オフライン状態での報酬は、オンラインと比べて非常に少なく、武器に関しては3種類しかありません。しかし、その3種類はオンライン状態で与えられる報酬に含まれるものであり、性能面で劣るものではありません。

オフラインでも3種類の最強武器が報酬として手に入り、さらに他の報酬も欲しい場合はオンラインの戦闘に参加して、ウルドラゴンに大ダメージを与えて戦闘に貢献すればよいという認識でよいと思います。

実際には、オフライン状態のウルドラゴンも非常にタフであり、長期戦になることもしばしばです。また、要求される戦い方もやや特殊なので、一度オフラインで小手調べをしてから、オンライン戦に挑戦するといいでしょう。

ルール

他のモンスターと異なり、ウルドラゴンを倒すためには、体全体の各部位を全て破壊しなくてはいけません。一度破壊した部位をさらに攻撃してもそれ以降は全くダメージが与えられないことに注意してください。

破壊可能な部位(まだ破壊されていない部位)を攻撃すると紫色の血が飛び散ります。さらに攻撃を加えると、部位自体が赤く光ります。そのまま攻撃を続けると、部位が破壊され、腐敗したような色になります。腐敗した部位をそれ以上攻撃しても白い血が出るようになり、ダメージは与えられません。

部位を破壊する度に次の部位の攻撃に移るという繰り返しになり、体全体を破壊する時にちょうどウルドラゴンの体力ゲージがゼロになるようになっています。

弱点・対策

聖属性が弱点です。他の属性には耐性があり、中でも闇属性はほとんど通用しません。

レベルが高く、良い装備をした覚者でも、なかなか思うようにウルドラゴンの体力を減らせないことも多いため、ウルドラゴン戦のためにアビリティの調整やジョブの変更をすることが必要になるかもしれません。

物理攻撃系のジョブの場合は、単純に攻撃力を増加させる「奮迅」(ウォリアー)、「猛攻」(ファイター)、夜に攻撃力が上がる「修羅」(アサシン)はセットしておきたいところです。もちろん、「修羅」を使う場合、戦闘は夜に行います。

聖属性をエンチャントできるポーンを雇って、聖属性を上乗せして攻撃力を高めるか、サポートポーンを解雇、メインポーンをロストさせた上で、アサシンのアビリティ「孤高」をセットしてさらに攻撃力を高めてもいいでしょう。

さらに攻撃力を補強する攻撃力上昇系のアイテムや一定時間スタミナ消費を無視できる強心薬、スタミナ回復のための大きなキノコを大量に用意して強力なスキルを連続で叩き込みましょう。

ジョブは弓を扱うことができ、ダメージ量の期待できるスキルがあるアサシンかレンジャーが良いでしょう。いつも思うようにしがみ付けるわけではないため、基本的には弓で攻撃すると効率的です。できれば、☆☆☆か特殊強化したフェアリーズウィスパーまたはサヴェージファングを装備したいところです。

近接武器は何でもかまいませんが、手持ちの武器で最も強いものを選びましょう。2回目以降のウルドラゴン戦の場合、前回の報酬でアスカロンエルハーベンを入手しているなら、それを装備して聖属性を活用しましょう。属性攻撃は魔法攻撃として扱われるため、ソーサラーのアビリティ「開眼」をセットして魔法攻撃力を補強するといいでしょう。

アイテム


サイト内検索