基本テクニック

G1ジョッキー4 > 基本テクニック

スタート

各脚質ともベストタイミングでスタートを切ることが基本です。遅れた分だけ確実なロスになるので、後ろから行く馬でもわざと出遅れたり、やや遅めにスタートする必要はありません。

差・追込馬のメリットは互角のスタートを切って抑えるところにあるので、普通以上のスタートを心がけます。ただ、ベストタイミングを狙いすぎて出遅れるくらいなら、普通のスタートを狙う方が無難です。

接触を避ける

他馬と接触するとスタミナ(赤メーター)が少し減ります。G1 ジョッキー 4 でのスタミナ減は致命的なので、接触は絶対に避けましょう。

前方に中途半端な隙間が出来た時に馬の鼻面を突っ込めば、前の馬をはね退けて進路を主張できますが、デメリットの方が大きくなります。

また、減速中は後続馬に被ってしまった場合、走行妨害が判定が出やすくなっているので、あまり左右に動かないように気を付けましょう。逆に、加速中は他馬の前に強引に割って入っても、走行妨害の判定が出にくい特徴があるので、やや強引に進路を変えることが出来ます。

インコースを死守

ジーワンジョッキーのレースは勝敗を分けるポイントはゴールまでのスタミナ(ポテンシャル含む)維持です。したがって、道中は強引にでも最内に入った方が圧倒的に有利になります。

4コーナーでインコースから強引に抜ける方法もあるので、道中は最内で進められるようにもぐりこんでいくようにしましょう。

最低限使いたいテクニック

  • 見せムチ:減速前に使用
  • 豪腕追い:「Go!」状態にした直後の急加速
  • 追いムチ:「Go!」状態への移行、ポテンシャル枯渇後の速度維持
  • 手前替え:ポテンシャル枯渇後のポテンシャル微量回復

他のテクニックは特に使用しなくても上記4点で善戦可能です。むしろ、難しいテクニックを使って誤動作する方が危険なので、確実にレース進めたい時は基本テクニックだけを使っていくと安全です。

また、豪腕追い中に追いムチを出すと「豪腕追いムチ」になります。効果の差はあまり感じられませんが、(なんとなく効果が高そうなので)基本的に豪腕追いムチの方を使いましょう。

ポテンシャル枯渇後は追いムチの代わりに風車ムチを使うのも有効ですが、馬が故障する確率が高くなるので、併走時の接戦以外では使わないほうが無難です。

レースの流れ

  1. スタート〜減速して好位置へ
  2. レース中盤からやや加速
  3. 通常追いで仕掛け、スタミナが切れると同時に豪腕追いムチでGO!
  4. 豪腕追いで一気に加速、最高速に達したら通常追いへ移行
  5. ポテンシャルが切れたら、すばやく手前を替え、豪腕追いムチで粘る

サイト内検索