付呪の手引き おすすめ付呪例

スカイリム 攻略 > アイテム作成ガイド > 付呪の手引き おすすめ付呪例

付呪の手引き

基礎知識のおさらい

付呪を行う為には魂が入った魂石(Soul Gem)を用意する必要があります。魂が入った魂石を雑貨屋や魔術師から購入することができますが、空の魂石の数倍の価格になります。

付呪可能な効果は既にプレイヤーが習得している効果のみです。つまり、ゲーム開始時点で付呪できる効果は一つもないということです。既に付呪された武器を解呪(Disenchant)することによって その効果を習得し、付呪することができるようになります。

魂石の使い分け

錬金術同様、アイテムに付呪を施し魔法効果を付ける目的は大別して2つだと思います。実用的なアイテムを作成することと高く売れるアイテムを作成することです。

魂が入った魂石を店で買うとかなりの出費になるので、自分用、取引用、いずれのアイテムを作る場合でも自分で魂縛して魂を捕らえた方がいいでしょう。

使用する魂石の魂の大きさによってチャージ量が決まるので、実用的なアイテムを作る為にはできるだけ大きな魂が入った魂石を用意する必要があります。一方、販売用のアイテムもチャージ量が多い方がやや高く売れるとはいえ、値段の差は大きくありません。

個人的には、極大魂石(Grand Soul Gem)を自分用アイテムの作成、極小魂石 (Petty Soul Gem)を販売用にアイテムの作成に使い、大魂石(Greater Soul Gem)、中魂石(Common Soul Gem)、小魂石(Lesser Soul Gem)はチャージ用に残しておくことをお勧めします。

魂石の確保

魂石はダンジョン等でも拾えますが、ある程度の個数を用意する為には、各都市の雑貨屋を回って購入する必要があります。

ファストトラベルを繰り返して各都市で買い物を続けるのも悪くありませんが、戦利品を売る為に立ち寄った際に忘れず買いだめしておけば、魂石の為だけに雑貨屋を回る手間は省けます。

魂縛手段

買い集めた魂石に魂を入れるためには、魂縛の魔法か魂縛効果付きの武器が必要です。魂縛の武器は序盤から登場するので、解呪して魂縛の効果を習得しましょう。

魂縛効果付きの武器と魂石を従者に持たせておくと、魂縛の効果時間内に止めを刺した場合に、プレイヤー同様、魂を捕らえることができます。

魔法効果の習得

新たな付呪効果を得る為には、既に効果を持っているアイテムを解呪しなくてはなりません。冒険で手に入った魔法効果付きのアイテムは不用意に売らずに解呪しましょう。

また、鍛冶屋に立ち寄った際は、未習得の効果を持ったアイテムがないかチェックしておきましょう。あまり高くなければ、購入して魔法効果を覚える材料として確保してしまうべきです。

お金儲け用魔法効果

習得している魔法効果が少ない間は、現時点で習得している効果のうち最も価値が高いものを作成するほかありませんが、金銭的に余裕があれば、早いうちにより高く売れる効果を持った武器を購入し、解呪して効果を習得してしまった方がいいでしょう。

最も高く売れる魔法効果はバニッシュ(Banish)です。付呪スキルレベルが100で、鉄のダガーに効果付けた時の価値は 1,312 です。次は大きく下がって、麻痺(Paralyze)が 376、その次が聖者の息吹(Turn Undead)の 328 です。

バニッシュだけが飛びぬけて高価値ですが、プレイヤーレベルが高くなるまで武器屋にもダンジョンの宝箱にも出現しません。序盤は入手しやすい聖者の息吹をメインにして、中盤以降、麻痺が手に入ったらそちらに切り替えましょう。

最終的にバニッシュが手に入れば、バニッシュ付きの武器だけ生産し続ければいいでしょう。スキルレベルが100に達し、追加付呪(Extra Effect)の Perk を習得していれば、バニッシュと麻痺の効果を持つ武器を作りましょう。

おすすめ付呪例

効果を2つ記載している場合は、追加付呪の Perk を習得して1つのアイテム魔法効果を2つ付与できることを前提としています。

麻痺の武器

スカイリムの麻痺(Paralyze)の効果は前作オブリビオンほど強力ではなく、成功する確率がかなり低くなっていますが、成功すれば一方的に攻撃できるので非常に便利です。メインで使う武器に麻痺(Paralyze)の効果を付呪しておくとよいでしょう。効果時間は1秒で十分です。

付呪時に設定する効果時間は敵を無力化する合計時間ではなく地面に倒れている時間のことで、実際には地面に崩れ落ちていく間と麻痺から回復して起き上がってくる間も攻撃し放題です。そのため、武器に設定する効果時間は1秒でも1秒+数秒間一方的に攻撃可能です。

対魔術師の武器

  • ベース:攻撃速度の速い武器(ダガー、長剣など)
  • 効果1:雷撃(Shock)
  • 効果2:マジカ減退(Damage Magicka)

マジカにもダメージを与える雷撃とマジカ減退の両方の効果がある小型の武器を1本持っておくことをお勧めします。一般的な魔術師はおしなべて体力が低いので専用武器は必要ありませんが、ボスクラスの魔術師は体力が高い上に強力な魔法を連発してくるためマジカを枯渇させる武器があると極めて有利です。

ドラゴンプリーストなども追い詰めて連続で攻撃していると、(実際にマジカが枯渇しているかどうかは確認できませんが)反撃されずに一方的に攻撃をし続けることができます。

防御上昇の盾

実にありきたりな発想ですが、盾に防御上昇(Fortify Block)を付呪することをお勧めします。アクセサリー類にこの種のスキル上昇を付呪すると戦闘スタイルを変える度に装備を変更する手間が面倒ですが、盾を装備するということ自体が盾を使って防御しながら戦うということですから、盾そのものに付呪してしまえば、盾を装備した時だけ防御スキルが上昇し、左手に魔法を装備したり二刀流にする際には、不要な防御上昇の効果を盾と同時に外すことが可能になります。

取引上昇のアミュレット

付呪スキルが成長したら、効果の高い取引上昇のアミュレットを一つを持っておくことをお勧めします。話術の Perk に多くのポイントを割く必要がなくなります。

対ドラゴンリング

  • ベース:指輪
  • 効果1:炎耐性(Resist Fire)
  • 効果2:冷気耐性(Resist Frost)

ランダムエンカウントするドラゴンのブレスに対抗する為の指輪。プレイヤーの体力が十分に強化されるまではそれなりに役立ちます。高難易度では、ドラゴンのブレス対策をしておかないと、一吹きで瀕死または即死に至るので必須アイテムとも言えます。首飾りでも構いませんが、首飾りは様々な種類の効果を付与できるので、他の効果を付呪した方が良いかもしれません。

盗賊グッズ

  • ベース:指輪、小手・グローブ類
  • 効果1:開錠(Lockpicking)
  • 効果2:スリ(Pickpocket)

錠前破りやスリに挑戦する時だけ装備すればいいでしょう。指輪とグローブの2種類を用意して装備すれば、高難易度の開錠もスリも簡単に成功します。

隠密ブーツ

  • ベース:ブーツ
  • 効果1:消音(Muffle)
  • 効果2:隠密(Sneak)

消音効果に隠密を付けたブーツ。重装備をしていなくても、消音の魔法効果が無ければ、近くを通っただけで敵に発見されてしまいます。敵に気付かれずに真後ろまで接近する為には消音は必須となります。

ちなみに消音の効果はブーツ以外の防具には付呪されないため、運が悪いとなかなか手に入りません。クエスト攻略時やダンジョン探索時に宝箱から出れば儲けものですが、そうそう楽に手に入るわけではないので、こまめに鍛冶屋の商品をチェックし、見つけ次第すぐに購入するのをお勧めします。

作業着

  • ベース:帽子、服、グローブ、指輪、首飾り
  • 効果1: 錬金術上昇(Fortify Alchemy)
  • 効果2: 鍛冶上昇(Fortify Smithing)

ポーションや毒を作成したり、武器・防具を強化する時に装備する作業着です。錬金術と鍛冶で1セットずつ作っても構いませんが、どちらにしても着替える必要があるため1つにまとめました。

ただし、錬金術上昇は服には付呪できず、鍛冶は帽子には付呪できないことに留意してください。つまり、帽子には錬金術上昇のみを付呪し、服には鍛冶上昇のみを付呪します。そして、グローブ、指輪、首飾りに両方の効果を付呪します。

付呪レベルが十分高く、極大魂石を使用すれば、ポーション・毒の効果や武器・防具の性能を2倍まで高めることができます。

武器・防具の強化に関しては、鍛冶上昇のポーションを併用することで、性能を3倍近くまで引き上げることができます。最強武器を自作したい方には必携のアイテムかと思います。

魔道盾

  • ベース:盾
  • 効果1:魔法耐性上昇(Resist Magic)
  • 効果2:防御上昇(Fortify Block)

物理、魔法両方の防御力を高める付呪例です。防御スキルのPerk「属性防御 Elemental Protection」を習得すると、炎、冷気、雷撃の3属性に対してさらなる防御力が期待できます。

狙撃セット

  • ベース:首飾り、グローブ、指輪など
  • 効果1:弓術上昇(Fortify Archery)
  • 効果2:隠密上昇(Fortify Sneak)

隠密効果と弓矢のダメージを高める付呪例です。隠密スキルのPerk「死の弓 (Deadly Aim)」を習得すると、隠密状態からの狙撃でさらなる大ダメージを期待できます。弓術スキルのPerk「鷲の目(Eagle Eye)」「冷戦沈着(Steady Hand)」があると狙撃が楽になるでしょう。


サイト内検索