調教師(厩舎)

ウイニングポスト8 攻略 > 調教師(厩舎)

概要

全般

2歳になって入厩した馬は調教師に預託され、本格的なトレーニングを受けます。競走馬は調教師の能力や特性に応じて成長します。また、能力の育成だけでなく、馬体重を落としたり、レースで力を発揮できるように調子を整えることも調教師の仕事です。

調教師は預託馬の出走登録も行ってくれますが、プレイヤー自身が出走レースや騎乗騎手を決定することも可能です。出走登録などの指示は所有競走馬のメニュー(○ボタン押下)から行うことができます。

調教師は専属騎手や親交のある主戦騎手に騎乗依頼を出す傾向があります。調教師の依頼騎手は、調教師の画面の「専属騎手」や「主戦騎手」の項目で確認することができます。また、調教師の依頼騎手には、友好度や騎乗経験に関わらず主戦騎手を依頼することができます。

縁の馬

管理している馬が活躍すると、その調教師にとって「縁の馬」になることがあります。縁の馬の産駒をその調教師に預けると、通常より能力を引き出しやすくなります。

預託申出

11月、自牧場にいる1歳馬を預かりたいと調教師が申し出るイベントがあります。調教師と面識を持つ良い機会になる上に、預託を申し出られた馬はそれなりの素質を持っていることが判明するというメリットがあります。

預託馬管理

特性

調教師は「特性」という得意分野を持っており、調教では調教師の特性に対応する能力が上がりやすくなります。2016年度版からは「体力強化」「脚質強化」「メンタル」「心肺機能」という4つの特性が追加されました。

能力を伸ばす特性
スピード2歳戦、短距離、クラシック、大レース
瞬発力牝馬、芝、脚質強化
勝負根性ローカル、気性難
パワーダート、スパルタ、体力強化
柔軟性3歳戦、長距離、心肺機能
精神力交流重賞、輸送競馬、海外遠征、メンタル
賢さ休み明け、叩き一変、メンタル
健康高齢馬、古馬戦、軽め調教、体力強化

渾身の仕上げ

2015年度版から競走馬の一生に一度「渾身の仕上げ」を行うことができるようになりました。渾身の仕上げはレース出走当週の出走確認画面で調教師に指示することができます。

渾身の仕上げを行うと競走馬の調子を飛躍的に上昇させることができますが、疲労が蓄積し、競走寿命を消耗します。調子が高い状態の競走馬に使用してもほとんど意味が無いので、生涯の目標となる大レースに出走する時に調整ミスで調子が低い場合に使用するのが効果的です。

調教方針

2016年度版から「調教方針」が導入され、重点的に伸ばしてほしい能力を調教師に指示できるようになりました。調教方針は、毎年1月、4月、7月、10月の第1週に設定することができます。他の時期に「調教方針」の項を開いても現在の方針の確認しかできません。

調教方針を指定したからといって当該能力が飛躍的に上昇することはありませんが、競走馬の一生の間に補完能力が1段階程度成長したり、距離適性が100〜200m程度延長されることはあるので、長いスパンで考えれば大きなメリットが得られます。調教方針の導入によって育成の幅は確実に広がりました。

また、所有馬が増えてくると7月1週に坂越あずさが登場する関連イベントが発生し、調教方針の設定時に全所有馬の方針を一括変更できる「長所強化」と「弱点克服」が使用できるようになります。

調教方針の効果
スピード強化スピードを鍛える/「!」の表示は脚部不安の危険サイン
距離対応柔軟性・心肺機能を鍛える
脚質強化勝負根性(逃げ・先行の能力)や瞬発力(差し・追込の能力)を鍛える
基礎強化パワー・健康・精神力・賢さを鍛える

次走方針

2016年度版から「次走方針」が導入され、預託馬の次走を決定する際の方針を調教師に指示できるようになりました。次走方針は所有競走馬のメニュー(○ボタン押下)から指定することができます。

なお、初期状態の次走方針はすべての項目が「お任せ」に設定されているので、プレイヤーの方針を適用するためには、「機能」のカテゴリー内にある「次走方針」の項で予め設定しておく必要があります。

次走方針で設定できる内容
馬場お任せ/芝/ダート/芝・ダ
距離お任せ/適性範囲/適性±100m/適性±200m/適性±400m
地方遠征お任せ/する/しない
海外遠征お任せ/する/しない
オープン戦優先出走お任せ/GT優先/GU優先/GV優先/OP優先
未勝利重賞優先出走お任せ/する
日本斤量お任せ/58kg以下
海外斤量お任せ/62kg以下
優先騎手お任せ/主戦騎手/前走騎手/子孫騎手/友好騎手
自動放牧放牧しない/疲労×(8週)/疲労△(4週)

調教師データ

能力

説明
相馬眼高いほど素質を確実に見分けられる
閃き高いほどセリで直感が働く
調教高いほど馬の能力を早くから開花させる
体調高いほど馬の調子を上げやすく下げにくい
体重高いほど馬の体重を理想的に調整する

特性

説明
2歳戦2歳馬の調教で能力を発揮する
早熟タイプの馬に向く
3歳戦3歳馬の調教で能力を発揮する
古馬戦古馬(4歳以上)の調教で能力を発揮する
晩成タイプの馬に向く
高齢馬6歳以上の高齢馬の育成で、能力を発揮する
牝馬牝馬で能力を発揮する
大レースクラシック以外のGTレースで、能力を発揮する
クラシッククラシックを含むGTレースで、能力を発揮する
交流重賞地方交流重賞で、能力を発揮する
ローカルローカル開催で能力を発揮する
海外遠征海外遠征のときに能力のロスを軽減する
芝のレースで能力を発揮する
馬場適性が芝の馬に向く
ダートダートのレースで能力を発揮する
馬場適性がダートの馬に向く
短距離短距離戦で能力を発揮する
距離適性が短い馬に向く
長距離長距離戦で能力を発揮する
距離適性が長い馬に向く
輸送競馬輸送競馬(関東なら東京・中山以外、関西なら京都・阪神以外)で能力のロスを軽減する
休み明け休み明け初戦のレースで能力を発揮する
叩き一変休み明け2戦目のレースで能力を発揮する
スパルタスパルタ調教をして能力を発揮する
健康が高い馬に向く
脚元が弱い馬などには逆効果
軽め調教軽めの調教を行って、能力を発揮する
健康が低い、脚部不安のある馬に向く
気性難気性難の馬をなだめながら調教するのが得意
気性が「激」「荒い」馬に向く
体力強化 (2016〜)基礎能力であるパワーや健康の育成が得意
脚質強化 (2016〜)脚質に関る勝負根性や瞬発力の育成が得意
メンタル (2016〜)基礎能力である精神力や賢さの育成が得意
心肺機能 (2016〜)距離適性への柔軟性や心肺機能の育成が得意

有力調教師(実名化対応)

熟練/将来性所属現役期間
大久保洋吉美浦1982-
尾方充弘美浦1982-
白井寿昭栗東1982-
橋口弘次郎栗東1982-
武田文吾栗東1982-1986
武田作十郎栗東1982-1991
戸山為夫栗東1982-1992
宇田明彦栗東1982-1993
庄野穂積栗東1982-1993
松山吉三郎美浦1982-1993
浅見国一栗東1982-1996
境勝太郎美浦1982-1996
二本柳俊夫美浦1982-1996
布施正栗東1982-1996
伊藤修司栗東1982-1999
野平祐二美浦1982-1999
大久保正陽栗東1982-2005
伊藤雄二栗東1982-2006
奥平真治美浦1982-2006
山本正司栗東1982-2006
松元省一栗東1982-2007
矢野進美浦1982-2007
中野隆良美浦1982-2008
池江泰郎栗東1982-2010
坂口正大栗東1982-2010
鶴留明雄栗東1982-2011
橋田満栗東1985-
藤沢和雄SS美浦1988-
山内研二栗東1989-
国枝栄SS美浦1990-
河野通文美浦1991-
二ノ宮敬宇美浦1991-
松田博資栗東1993-
森秀行栗東1993-
佐々木昌三栗東1994-
音無秀孝栗東1995-
安田隆行栗東1995-
小島太美浦1997-
松田国英栗東1997-
相沢郁美浦1998-
西園正都栗東1998-
昆貢栗東2000-
角居勝彦栗東2001-
藤原英昭栗東2002-
堀宣行美浦2003-
池江泰寿SS栗東2004-
矢作芳人栗東2006-
須貝尚介栗東2009-

※表内の熟練度・将来性は、ゲーム内の能力値、ゲームプレイ時の印象、モデルとなった人物の実績などを基に当サイトが総合的に判断したものです。このような内部データが実際に存在するわけではありません。


サイト内検索