素質の見抜き方

ウイニングポスト8 攻略 > 素質の見抜き方

牧場長のコメント

幼駒時代

幼駒時代に牧場長が将来性についてコメントをしてくれますが、当歳時には補完能力の漠然とした評価しか知ることができません。

また、1歳になると当歳時より具体的なコメントが聞けますが、補完能力に関する内容のみで、最も重要な要素であるスピードについて知ることができません。

2歳入厩前

2歳入厩前になると、スピードをはじめとする各能力について個別にコメントをしてくれますが、2歳入厩前に聞けるスピードに関するコメントはその時点でのスピード値に対する評価であり、素質の限界値ではありません。

そのため、2歳入厩前におけるスピードに対する評価は、早熟馬ほど高く評価されやすく、晩成馬ほど低く評価されがちであることに注意が必要です。逆に言えば、晩成馬で高評価を得ている場合は、将来有望と考えてよいでしょう。

ただし、この時点でのスピード値に対する牧場長の評価はかなり甘く、「スピードがかなりついてきました」と言われても実際にはスピードB程度であることも少なくありません。ここでの高評価は、あくまで「重賞で活躍できる程度のもの」と考えるほうが良いでしょう。

また、ここで牧場長からスピードの評価を聞いたとしても、その馬の所有を決定した後に素質を知っても参考にならないとも言えます。

幼駒イベント

特定の条件を満たす幼駒をプレイヤーが所有している場合、対応したイベントが発生することがあります。イベントの発生条件が比較的厳しいので、イベントの対象となった幼駒は非常に高い能力を秘めていることが判ります。

実際に、当該イベントが発生した幼駒はデビュー後まず間違いなく高クラスのレースで活躍できるので、オート進行でゲームを進める場合でもイベント時期には一度停止してイベントの発生を確認するとよいでしょう。

2015年度版以降でプレイしている場合は、当該幼駒を「注目馬」としてチェックしておくと、年末手続の際に誤って手放してしまうことを避けられます。

時期対象条件
一等星の馬4月1週当歳馬・スピード、パワー、賢さ、精神力がA以上
・距離適性が中距離以上
・勝負根性か瞬発力がA以上
暁の馬4月1週当歳馬・スピードがA以上
・勝負根性か瞬発力がA以上
・パワー、賢さ、精神力がA以上
・馬格が大きい
・馬場適性が「万能」でない
流星の馬4月1週当歳馬・スピードがA以上
・勝負根性、瞬発力、賢さ、精神力がS
桃姫4月1週当歳馬・スピードがA以上
・勝負根性か瞬発力がS
・馬格が小さい
・母の気性が荒く賢さが低い
・母の初仔
・日本の牧場での自家生産馬
リーダー馬3月3週1歳馬・スピードA以上
・勝負根性、精神力、健康がS
・賢さがA以上
虹の馬7月1週1歳馬・スピードA以上
・パワー、賢さ、精神力がS
・馬場適性が「万能」でない
柵越えの馬9月1週1歳馬・スピードA以上
・勝負根性か瞬発力がS
・パワー、柔軟性がA以上

年末手続き時の評価

大物・超大物

年末の預託・売却手続の際に牧場長がコメントする「いい雰囲気」「大物」「超大物」という評価は幼駒の総合的な能力判断としてある程度信用できます。無論、牧場長の相馬眼が高いほど信用度は上がります。

ただし、「大物」と言われても、補完能力だけオールSでスピードがDなどということもあるので、確実というわけではありません。スピード・補完能力オールAの馬も、スピードDで補完能力オールSも、加点方式の総合点という意味では同じだからです。

この場合、同じ評価でも前者は国内GTを連勝できる可能性があるのに対し、後者はオープンまで上がるのもやっとであるくらい、非常に大きな違いがあります。牧場長のコメントは総合評価としては信頼できますが、これだけで判断するのは早計です。

また、早熟型ほど成長分だけ高く評価されるので、早熟型の「大物」は当てになりません。逆に、晩成型ほど成長分が少なく評価が厳しくなるので、晩成型で「大物」「超大物」と言われた馬はかなり期待できます。

河童木・美香の評価

年末の預託・売却手続の際、同時に確認できる河童木・美香の評価で高評価を得ている馬はスピードが高い傾向があります。牧場長の「大物」コメントと併せて、河童木・美香の評価も確認すれば、スピードと補完能力が高い馬を見抜くことができるはずです。

こちらも、早熟型ほど成長分だけ高く評価されるので、早熟型の高評価は当てになりません。逆に、晩成型ほど成長分が少なく評価が厳しくなるので、晩成型で高く評価されている馬はかなり期待できます。

総合判断手順

GT級を期待するなら、まず相馬眼をSまで成長させた牧場長が「大物」「超大物」という馬に絞ります。これはスピードや特定の補完能力に偏らず、総合的に優れている幼駒を残すためです。

確かに、補完能力が劣っていてもスピードが優れていれば、好走する条件が整ったときに大レースを勝つことはあります。また、スピードが平凡でも補完能力が優れていれば、大レースで好走したり、メンバー次第では勝つこともあります。

しかし、多くのプレイヤーが求めるのはこのような馬ではなく、必要十分な補完能力を持ち、かつスピード能力が傑出した馬であると思います。そのため、一時審査としてバランスの悪い馬を篩いにかけるという目的で「大物」「超大物」という馬に絞ることにします。

次に、その中でなるべく成長型が「遅め」か「晩成」の馬を残します。2歳戦やクラシックを狙うために、どうしても成長型が「早熟」や「早め」の馬が欲しい場合は、「超大物」に限るとよいでしょう。早熟型の「大物」は往々にして凡馬であることが少なくありません。

その上で、河童木と美香の評価が高く(〇以上◎が理想)、相馬眼が高く本年度成績が良い調教師に預けてみて「すごそう」と言った馬に絞ります。すると、高確率でスピードが高く補完能力に優れた素質馬を残すことができるでしょう。

確かに「いい雰囲気」程度の評価でもGTを勝つこともあるので、実際に入厩させてみてからでないと正確なことは判りませんが、上記の確認作業を実践することによって、所有幼駒の中から素質馬を上手に選別することは十分可能です。

レース後の騎手の評価

概要

レース優勝後に騎手に話を聞くと、スピードについて言及する場合があります。ここでのスピード評価は、その馬の実際のスピードに対する確実な評価です。

評価と将来性

スピード将来性
トップクラスS+海外GT級(海外三冠、海外GT連勝級)
ガツンとくる海外GT級(凱旋門賞、BC、ドバイWC級)
グッとくる国内GT〜海外GT級(JC〜海外GT級)
けっこういいもの国内重賞〜国内GT級
なかなかでしたオープン〜国内重賞級

サイト内検索