DOS-Box の使い方:TES: Arena を動かそう

andraste.info > 各種情報 > DOS-Box の使い方:TES: Arena を動かそう

DOSエミュレータ

記事概要

現在のPCでDOS時代のゲームを起動させるには、DOSのエミュレータと多少のDOSコマンドの知識が必要です。この記事では、TES: Arenaを例にして、DOS-BoxというDOSエミュレータの使い方を解説します。エミュレーターとは別のシステムを模倣(エミュレート)するプログラムのことです。

DOSとは

DOS と言っても、もしかすると若い人は知らないかもしれないので簡単に説明しておきます。DOS とは マイクロソフトが Windows の前に提供していた OS であるMS-DOS (Microsoft Disk Operation System)のことで、通常略して DOS と呼ばれています。

TES: Arena をインストールしよう

TES: Arena とは

2011年末に最新作スカイリム(Skyrim)が発売され、世界中で絶賛されている エルダースクロールズシリーズ(Elder Scrolls)のシリーズ初作 Arena は1994年に発売されました。

TES: Arena

Bethesda がこの大作シリーズの初作を無料で提供してくれるのはうれしいことです。この機会に初作に触れてみるのもいいかもしれません。かくいう私も初作 Arena はプレイしたことが無く、この機会に遊んでみることにしました。

では、インストールしてみましょう

Arena は MS-DOS 用のゲームなので、そのままでは現在の Windows で遊ぶことはできません。ダウンロードページにも明記されていますが、DOS のエミュレーターを併用する必要があります。

まず、Arena 本体と DOSBox v.73 の両方をダウンロードしてください。

次に、Arena をインストールしましょう。

ElderscrollsArena106.exe を実行すると次のような画面が表示されます。

Arena

赤枠で囲んだところ(Destination Folder)がインストール先になります。私は「C:\Arena」としました。これはCドライブの直下に「Arena」というフォルダを作ってインストールするということです。

ここまでは普通のアプリケーションのインストールと同じです。この後、今 Arena をインストールしたフォルダを DOSBox でマウントする必要があるので、インストール先を覚えておいてください。自信の無い人は私と同じく、C:\Arenaにしておいてください。

次に DOSBox をインストール、起動します。懐かしい DOS の画面が立ち上がり、簡単な説明が英語で表示されます。今あなたの Windows 上で仮想的に MS-DOS のパソコンが動いていると考えればいいでしょう。

一般的な DOS コマンドが使えるので、DOS を知っている人には釈迦に説法になってしまいますが、ゲームを起動するところまで説明したいと思います。

DOSBox というエミュレーターは今回初めて使うので少々面食らいましたが、DOSBox では Windows のフォルダをマウントという形で直接参照できるようです。

わかりにくい場合は、先ほどインストール先にした Arena というフォルダを読み込ませて使用可能にすると考えて差し支えありません。

今以下のような画面になっていると思います。

DosBox

DOS では Z:\> の右側に文字でコマンドを打ち込んで命令を実行します。

画面上部の説明どおり、Intro と入力すれば、簡単な説明が表示されます。

先ほどインストールした Arena を C ドライブとしてマウントさせるには、
Z:\>mount c c:\Arena
と入力します。決定は Enter キー押下です。

これは「仮想的なCドライブを作り、そこに C:\Arena フォルダをマウントしなさい」というコマンドになります。他のフォルダに Arena をインストールしている場合は C:\ の部分をインストール先のパスに変更してください。

また、コロン(:)は日本語キーボードの「:」では入力できないので、Shift キー+セミコロン「;」で入力してください。

DosBox マウント

成功すると、
Drive C is mounted as local directory C:\Arena\
と表示されるはずです。

これでこのエミュレーター上の仮想ハードディスクドライブCに先ほどの Arena をインストールしたフォルダが読み込まれました。

DOS 上でドライブを移動するコマンドはドライブ名にコロン(:)を付けます。

Cドライブに移動する場合は、
Z:\>C:
と入力します。

では、Cドライブに移動して、ディレクトリの中を見てみましょう。DOS 時代にはフォルダはディレクトリと呼ばれていました。厳密には少し違う概念ですが、同じものだと思ってかまいません。

Z:\>C: と入力して Enter 押下してください。

するとドライブCに移動して、
C:\>
となるはずです。

続けて、
C:\>dir
と入力してみてください。

ディレクトリ(フォルダ)の中身が表示されます。

DOS-Box ディレクトリ

この中に Arena というディレクトリがあります。

. と .. というのは DOS 上でディレクトリを開くと表示される実体の無いディレクトリです。この場合、実質的には Arena というディレクトリしか存在していません。

ゲームを実行するためには起動プログラムが入っている Arena というフォルダに移動しなくていけません。

C:\>cd Arena
と入力してください。

C:\ARENA>
となるはずです。

cd とはディレクトリに移動するコマンドで、Windows のエクスプローラでフォルダをマウスでクリックしているようなものだと思ってください。

このディレクトリの中に Arena.bat という起動用のバッチファイルが入っているので、
C:\ARENA>Arena
と入力してください。

DOS-Box TES: Arena bat 起動

無事起動できましたか?

TES:Arena 起動

古めかしいグラフィックに風格すら感じますね^^

ゲーム内容については改めて記事にしたいと思います。


サイト内検索