Red Dead Redemption 2: 序盤金策はやはり狩りと馬売却が効率的?

はい、どうも。今夜も RDR 2 ですよ。手際が良くないのであんまり進んでませんが、それでもやってます。それで、今日のお話は序盤の金策。やはり狩りと馬売却が堅いのかなと思っています。

前作『レッド・デッド・リデンプション』もそうだったように、多分本作もお金は意識的に稼がなくても問題ないとは思うんですよね。多分、新しい武器などの要素はストーリーを進めれば勝手に手に入ってくるでしょうから。

とは言え、ストーリーやるのが面倒くさかったり、何となく放浪する時にお金を稼ぐという目的があると、モチベーションも少し違ってくるので、ちょっと考えてみましょう。

馬が結構いい値で売れる

種にもよりますが、馬は結構良い値段で売れます。普通の馬は2ドル~5ドルくらいですが、 (まだ生きてるから) 狩った動物のようにコンディションの等級がないのがいい。

手順としては、動物を狩るついでに野生の馬を発見したら、投げ縄 (Lasso) で捕獲して接近、落ち着かせながら飛び乗って (前作よりかなり簡単になった) ロデオのミニゲームをすることになります。

ロデオに成功すると馬は大人しくなって騎乗できるようになるので、これに乗って町の厩舎 (Stable) まで行って売却すればよいわけです。馬に乗って町へ行く時に口笛を吹きながら移動すれば、鞍がついた自分の馬は背中がカラのまま付いてきます。

厩舎によるついでに、狩った動物の毛皮や肉、鳥の羽などを肉屋に売却すればいいでしょう。この辺の材料はクラフトにも使えるので全部は売らないほうがいいかもしれませんが、どうせいくらでも手に入るし、バッグのアイテム所持制限も考えると、案外気楽に売ってしまってもよさそうな気がします。

クラフトもやろう

前作と同様、リアリティとエクスペリエンスを重視するロックスターのコダワリのせいで、全てのアクションが冗長でチンタラしているので (笑)、せっかちな人には耐えがたい苦行だと思いますが、植物の採取とクラフトもやったほうがいいのかなと思います。

特に、肉は普通に焼くのではなく、オレガノやセージなどのハーブを混ぜて焼くと回復効果が高いものが完成してくるので、混ぜられるものは混ぜたほうが良さそうな気がします。そうすることで、バッグで一杯になっている材料も短時間で消費していけるので時間短縮にもなります。

僕の場合は個人的に、完成した料理や薬は1本だけ残して他は売るようにしています。そうしないと新しいものを作ったり拾えなかったりするからです。回復に頼らないと苦戦するようなバランスではないと思うので、お金も稼げるし、しばらくはこれで行こうと思っています。