アルフタンド(Alftand)


特徴

概要

ウィンターホールド(Winterhold)の南西の高山にあるドワーフの遺跡。内部には罠が多く、ドワーフのオートマトンが多数出現する。

最深部でアチューンメント・スフィア(Attunement Sphere)を使うと、ブラックリーチ(Blackreach)に入ることができる。

アイテム

ファルメル(Falmer)のキャンプがある北の一画にある棚には、多種多様な錬金術材料が保管されている。

東の一画にある施錠された扉の中に、白骨死体と共に開錠スキル書「施錠された部屋(The Locked Room)」が落ちている。

最深部にいる冒険者のウマナ(Umana)が血まみれの盾(Targe of the Blooded)という珍しい盾を持っている。倒して所持品から回収することができる。

データ

基本情報

出現モンスター・敵対勢力

入手可能なレアアイテム / 重要アイテム

採取可能な錬金術材料

関連クエスト

ロケーションマップ

アルフタンド マップ 地図
サイト内検索