プレストン・ガービー (Preston Garvey)

フォールアウト4 攻略 > キャラクター > プレストン・ガービー

概要

人物

全般

ミニッツメンの幹部の一人。組織内部の腐敗により引き起こされたクインシーの虐殺では、生存者を先導して退路を拓き、連邦北西部へ退避を実現した。人々の守護者たるミニッツメンの理念を自ら体現する人物と言える。

プレストンは若き日にミニッツメンの大義に感銘を受けて以来、正義の体現者に憧れを抱き続け、17歳で同組織に所属するとホリス大佐の部隊で逸早く頭角を現し、大佐直属の幹部にまで上り詰めた。

一方で、プレストン個人の躍進とは対照的に、当時多くのミニッツメンが堕落の一途を辿り、大義より個人的な利害を重視する風潮が腐敗に更なる拍車をかけ、後にクインシーの虐殺として知られる大惨事を引き起こすに至った。

当時、ボストン南部の町クインシーの市民の中に迫り来る危機を懸念する者は誰一人としていなかったが、ママ・マーフィーの予言によって目前に迫る惨事に逸早く気付いたスタージェスはホリス大佐に救援を要請する。はたしてガンナーの一団がクインシーを包囲、市民を巻き込む無差別攻撃を開始した。

要請を受けたホリス大佐率いるミニッツメンは現場に急行してガンナーを撃退、一時撤退に追い込むものの、再びガンナーの攻撃を受けて町は壊滅状態となる。不思議なことに、クインシーを襲撃したガンナーは防備の弱点を熟知していたという。

戦いの混乱の中でホリスとプレストンはガンナーの一団の中に馴染みある顔を見かける。その男はミニッツメンの幹部の一人 クリント。ガンナーを手引きしてこの惨劇を引き起こした張本人であった。

この戦いで市民の多くが命を落とし、ホリス大佐は戦死、プレストンは生存者を先導してジャマイカ・プレインへの退路を拓いた。この後、度重なる不運に見舞われて多くの者が落命する中、プレストンと僅かに残った生存者はコンコード自由博物館に辛うじて退避する。

しばしの休息も束の間のこと。ここにもグリッスル率いるレイダーの魔手が及び、一行は博物館上階の一室で最後の抵抗を試みながら、進退窮まることとなった。

仲間・ロマンス

プレイヤーが初めてコンコードを訪れると、プレストンが自由博物館でレイダーに応戦している場面に遭遇する。彼の要請を受けて自由博物館へ入って屋内の敵を一掃し、3階の一室にいる生存者を救助すると、プレストンと友好関係になる。(クエスト「When Freedom Calls」)

その後、クエストの進行に沿ってコンコードのレイダーとデスクローを一掃し、プレストンと生存者をサンクチュアリまで送り届けると、主人公がミニッツメンの新たなリーダーと目されるようになり、以降、プレストンを仲間として同行させられるようになる。また、好感度が最大値に達すると、ロマンスの対象になる。

特殊 Perk

好感度が最高値に達すると、特殊Perk「United We Stand」を伝授してくれる。同Perkは3体以上の敵と戦う場合に与えるダメージが20%、ダメージ耐性が20%増加する効果を持つ。

思想・嗜好

正義の体現者たるミニッツメンの幹部らしく、正義を愛し不正を悪む人物である。一般的な観点から考えて倫理的かつ高潔な行動を心がけることによって、プレストンから多大な信頼を得られるだろう。

短時間でプレストンの好感度を大きく上昇する方法としては、ミニッツメンのサイドクエストの繰り返し攻略することをお勧めする。居住地に協力を約束する度に大きくプレストンの好感度が上昇する。

好印象を与える行動
・人助け全般
・ミニッツメンクエストで居住地に協力
・ミニッツメンへの支持を獲得
・武器の改造



反感を買う行動
・不必要な暴力・殺人
・犯罪行為全般
・厚意の対価として金品を要求
・窃盗
・薬物の使用
B.O.S.に協力
レールロードと敵対

写真

フォールアウト4 プレストン・ガービー @

フォールアウト4 プレストン・ガービー A

基本情報

データ
オリジナル名Preston Garvey
性別男性
不死属性 (Essential)不死 (Essential: 重要人物属性)
所属・組織なし
ロケーション自由博物館サンクチュアリ
商取引不可
医療行為不可
素材注文票取扱なし
仲間・特殊Perk可 (特殊Perk: United We Stand)

データ

所持品

関連クエスト

所在

プレストン・ガービー 所在 マップ


サイト内検索